退職者医療とは

会社などを退職し、国民健康保険に加入している65歳未満の年金を受け取る人と65歳未満のその家族(被扶養者)が加入する医療保険制度です。

対象となる人

対象となる人は以下の条件すべてあてはまる退職被保険者本人と被扶養者です。
(退職者被保険者本人)

  • 国民健康保険に加入している人
  • 厚生年金、共済年金などの被用者年金を受けられる人で、年金の加入期間が20年以上、もしくは40歳以降に10年以上ある人

(被扶養者)

  • 退職者本人の配偶者(内縁関係も可)
  • 退職者本人と同じ世帯で、主にその収入によって生活している3親等内の人
  • 年間の収入が130万円(60歳以上の人や障害者は180万円)未満の人

退職者医療の適用を受ける期日

年金受給権が発生した日から適用になります。年金証書を受け取って14日以内に、世帯主はお住まいの市区町村の担当窓口の届け出てください。
必要なもの
年金証書、国民健康保険被保険者証
※一部市町村により異なる場合があります。

医療機関等の窓口で支払う医療費の負担割合

診療を受けるときは、国民健康保険退職者被保険者証を医療機関等の窓口に提示してください。

義務教育就学前 義務教育就学から65歳未満
負担割合(入院・外来) 2割 3割
このページの先頭に戻る