交通事故にあった場合

交通事故など第三者の行為が原因でケガをした場合に、国保(後期高齢者医療)の保険証で治療等をうけることができます。

医療費を一時的に立て替えます

交通事故など第三者の行為が原因でケガをした場合、原則として加害者が治療費を負担します。しかし加害者からすぐに損害賠償をしてもらえない場合はいったん国保(後期高齢者医療)の保険証を使って受診し(国保等が一時的に医療費を立て替え)た後、立て替えた医療費を加害者側に請求します。

医療費を一時的に立て替えます

警察と国保の窓口に届出ましょう

国保の保険証で受診して、医療費を立て替えてもらうためには届出を行う必要があります。
もしあなたが交通事故にあったときは、すぐに警察に届出をして「事故証明書」を受け取りましょう。それとともに市町村・国保組合の窓口に保険証・印かん・事故証明書を持参(揃わない場合は後日でもかまいません)し、「第三者行為による被害届」を提出してください。
損害保険会社(共済)が作成支援する「第三者行為による傷病届」はこちらをご使用ください。
→ 「第三者行為による傷病届」

警察と国保の窓口に届出ましょう

示談は慎重に

加害者との間に示談が成立すると、示談の内容によっては国保から立て替えた医療費の損害賠償請求ができなくなってしまう場合があります。示談をする前に市町村・国保組合の窓口にご相談ください。また、安易に示談を結んでしまわないよう気をつけてください。

示談は慎重に

損害保険に関するご相談、トラブル解決機関はこちら

社団法人 日本損害保険協会 そんぽADRセンター(損害保険紛争解決サポートセンター)
ホームページ:http://www.sonpo.or.jp/pr/adr
TEL:ナビダイヤル(全国共通)0570-022808<通話料無料>
※IP電話・PHSからは、以下の直通電話へおかけください。
03-4332-5241(そんぽADRセンター東京)
受付日:月~金曜日(祝日・休日及び12月30日~1月4日を除く)
受付時間:午前9時15分~午後5時
※月1回程度、各府県への出張相談も行います。
※弁護士による相談日も設けています(無料)。

 

 

医療保険制度について 国保のしくみ 国保の対象となる人
保険証について 届け出について 国保で受けられる給付
医療費が高額になったとき 保険料について 交通事故にあった場合
このページの先頭に戻る