保険証について

保険証の提示は忘れずに

  • 医療機関、薬局にかかる時には、月の初回に必ず医療機関、薬局の窓口へ保険証を提示しましょう。
  • 転職や引っ越し等で月の途中で保険証が変わった場合は、新しい保険証をお持ちになり医療機関、薬局の窓口にお知らせください。

保険証の色

  • 新潟県で平成28年8月1日より使用される保険証、国民健康保険の保険証の色は、ピンク色
    後期高齢者医療制度の保険証の色は、空色です。

被保険者証更新のお知らせ(平成28年8月1日一斉更新)は(こちら)をご覧ください

    • 国民健康保険の保険証には1人に1枚交付され、保険者(保険証の発行元)によってデザインが若干異なる場合があります。
    • 後期高齢者医療制度の保険証は1人に1枚保険証が交付されます。くわしくはこちらをご覧ください。

保険証の有効期限

保険証の有効期限は、お手元の保険証に記載されています。有効期限の過ぎた保険証は使用できません。もし有効期限が切れても新しい保険証が届かない場合は、市町村・国保組合(後期高齢者医療制度の方はお住まいの市町村)にお問い合わせください。

保険証の取扱いのポイント

1.保険証が手元に届いたら、記載内容を確かめましょう。もし間違いがあれば市町村・国保組合にお知らせください。
保険証の取扱いのポイント1
2.保険証を紛失した時は、市町村・国保組合の窓口に届け出て、再交付を受けましょう。

保険証の取扱いのポイント2

3.保険証を持ち歩く時はかならず手元に保管しましょう。
保険証の取扱いのポイント3
4.保険証を他人に貸したり、借りたりしてはいけません。法律により罰せられます。

保険証の取扱いのポイント4

5.世帯主の変更など、記載内容に変更があった時は、市町村・国保組合の窓口に届け出てください。
保険証の取扱いのポイント5
6.職場の保険に加入した場合など、国保から脱退する時は、市町村・国保組合の窓口に保険証を返却してください。
保険証の取扱いのポイント6
医療保険制度について 国保のしくみ 国保の対象となる人
保険証について 届け出について 国保で受けられる給付
医療費が高額になったとき 保険料について 交通事故にあった場合
このページの先頭に戻る